ご採用いただいたお客様へ

施工中のお願い

  • 工事現場や資材置き場は危険ですので、工事中は近寄らないでください。材料や工具に手を触れないようにしてください。特に小さなお子様には注意をお願いします。
  • 慣れない臭気が発生する場合があります。施工中はなるべく窓を閉めるなど、直接外気に接しないようご協力をお願いします。
  • 施工終了後でも数日間の養生が必要です。施工管理者の指示に従って、養生期間中は水をこぼしたり、歩いたり、重いものを置いたりしないようご協力をお願いします。

ご使用時のお願い

  • 通常の塗膜層の上を歩行する場合は、スパイクシューズなど、塗膜層を損傷する恐れのある履物で歩かないでください。
  • 塗膜層の表面が水などで濡れている場合は、滑りやすいので注意してください。
  • 塗膜層の上で火気は使用しないでください。煙草の吸殻の投げ捨てや花火、溶接作業などはしないでください。
  • 塗膜層の上に溶剤、ガソリン、不凍液などをこぼさないでください。
  • 塗膜層の上で重量物を引っ張ったり、先の尖ったもので傷つけたり、損傷を与えるものを落としたりしないでください。
  • 塗膜層の上に椅子やテーブルを置く場合は、脚にゴムキャップをかぶせるなどして、塗膜層を保護してください。
  • 通常の塗膜層の上でゴルフや一輪車、ローラースケートなどの練習は止めてください。クラブや車輪、ローラーで塗膜層を傷つけることがあります。
  • 除雪時のスコップ使用はやめてください。塗膜層を傷つけます。
  • 塗膜層の上で犬や猫などのペットを飼わないでください。
  • 塗膜層に直接客土して、草花の栽培はしないでください。
  • 塗膜層の清掃には中性洗剤を使用してください。クーリングタワー防藻剤、殺菌剤などは種類によっては塗膜層に損傷を与えます。

維持管理のお願い

防水性能を長期にわたって維持するために、以下の維持管理をお願いします。

  • 定期的に塗膜層を清掃してください。特にドレンまわり、排水溝の泥、枯葉などをよく除去してください。
  • 定期的に次のような表面状態の点検を行ってください。
    • 保護仕上材が薄くなっている箇所はないか、剥離している箇所はないか。
    • 保護仕上材にひび割れが生じていないか。
    • 塗膜層の浮きやふくれがないか。
    • 塗膜層にカラスなどの鳥獣類による損傷の被害はないか。
  • 使用頻度や歩行状況により、保護仕上材が著しく摩耗や損傷し、耐久性、防滑性、安全性に支障をきたす場合があります。異常が認められた場合は、請負会社に連絡し、補修してください(有償)。
  • 保護仕上材は定期的に塗り替えてください(有償)。
  • 保護仕上材の維持管理の詳細についてはサラセーヌ総合カタログをご覧ください。

防水保証の考え方

  • 施工に起因する場合は、工事を請け負った元請会社ならびに施工会社の責任とします。
  • 材料品質に起因する場合は、材料製造会社の責任とします。
  • ただし、次の場合は免責とします。
    • 天災地変など不可抗力と認められる場合。
    • 工事対象物の構造上または設計上の欠陥に起因する場合。
    • 防水施工箇所以外からの漏水の場合。
    • 過失または故意による塗膜層損傷の場合。
  • 「ご使用時のお願い」および「維持管理のお願い」を守らず、それが原因で生じた漏水事故については、責任を負いかねますので、ご注意願います。
  • 防水保証の詳細については当社にお問い合わせください。

本サイトはサラセーヌ®の概要を分かりやすくご紹介する内容となっております。
サイトに掲載のない詳細な解説や技術情報については、製品カタログをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。