ウレタン圧送UNシステム

UNマシン

品質向上

コンピュータ制御・監視により
安定した高品質を実現

  • コンピュータによる自動制御・監視
  • 外気温5℃以下でも施工が可能
  • 材料の自動撹拌
  • 吐出粘度調整
  • 汎用材を無希釈で施工

コンピュータ制御によって、主剤と硬化剤の配合比、吐出流量の選択、材料温度の管理までを完全自動化。いつでも安定した高品質な材料供給を維持します。

施工効率アップ

最大吐出量1.5L/分、最大施工面積3,000m2/日
作業効率が大幅アップ!

ドラム缶材料を使用した機械圧送により、最大吐出量15L/分という大量供給が可能。最大施工面積3,500m2/日が可能になります。
※施工現場の状況によります。

■施工効率の比較例

UNシステムは、施工面積が広くなるほど効率がアップします。
※プライマー、立上り材、保護仕上げ材は除く。

省力化

システム一式が2トン車で移動可能
作業人員を大幅削減

  • ホースの長さは最大100m
  • 材料の荷揚げ・荷下ろし作業が不要(平場材)
  • 材料の缶切り・缶潰し作業が不要(平場材)
  • 材料の配合・撹拌作業が不要(平場材)
  • 少人数施工を実現

圧送機本体、ホース、発電機をコンパクトにまとめた車載タイプのUNシステムは、現場への移動が早くて簡単。さらに、コンピュータ制御による材料配合の制御と監視を実現。作業手順の簡略化とあいまって小人数作業が可能です。

廃材減少

内袋入りオープンドラム缶の採用により、
廃材は大幅に減少

UNシステムは内袋入りオープンドラム缶を使用しているため、石油缶に比べ、使用する缶の数が大幅に少なくなります。

  • 内袋を使用しているので、廃棄するドラム缶は鉄リサイクルで処理可能です。
■ 1セット当たりのドラム缶数と石油缶数の比較(サラセーヌK)
荷姿(1セット) 缶数
ドラム缶(主剤180kg/硬化剤180kg×2) 540kgセット 3ドラム
石油缶(主剤8kg/硬化剤16kg) 24kgセット 46缶

施工性改善

施工環境が大幅に改善され、
腰を曲げずに楽々施工

塗布作業は、サラセーヌハンドレーキ、トーナメントノズルを使用して、腰を曲げることなく楽に行えます。

サラセーヌハンドレーキ(ウレタン防水材塗布用レーキ)

  • ハンドレーキを使用することで、下地の不陸に準じた均一な塗膜を形成できます。
  • 立ち姿で作業ができ、誰にでも簡単に施工できます。
  • 施工性が向上します。
  • 使用しない時はコンパクトに収納できます。(3段式)
  • ハンドレーキの歯は溶剤に強いポリプロピレン製です。

ウレタン圧送UNマシンは、化研マテリアル様グループにより運用されています。
システムのご利用の際は、下記までご連絡ください。

本サイトはサラセーヌ®の概要を分かりやすくご紹介する内容となっております。
サイトに掲載のない詳細な解説や技術情報については、製品カタログをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。