• 屋上
  • ルーフバルコニー

通気緩衝QV工法

図は、通気緩衝QV工法の一例です。(サラセーヌQV-EZ50TJ)
下地や条件、要件により、プライマーや仕上げ材など製品の組み合わせが変わります。

環境対応型 特化則非該当(特定化学物質 無配合)仕様

工法名 工程 使用量
(kg/m2
備考
QV-EZ50TJ
QV-EZ50TJフッ素
1 PJプライマー 0.2 歩行用平場仕様
防水層厚み
平均2.5mm
2 QVシート 1.06m
3 QVテープ/
サラセーヌEZ立上り用
1.06m
MBテープ100
4 サラセーヌEZ 1.7
5 サラセーヌEZ 1.6
6 TJトップ または
TJフッ素
0.2
0.15
SD-EZ立上り20TJ
SD-EZ立上り20TJフッ素
1 PJプライマー 0.2 共通立上り仕様
防水層厚み
平均2mm
2 サラセーヌEZ立上り用 0.8
補強用クロス
3 サラセーヌEZ立上り用 1.1
4 サラセーヌEZ立上り用 0.7
5 TJトップ または
TJフッ素
0.2
0.15

工法の詳細については、「サラセーヌEZ」のカタログをご参照ください。

一般仕様

工法名 工程 使用量
(kg/m2
備考
QV-KK50T
QV-KK50Tフッ素
1 サラセーヌP 0.2 歩行用平場仕様
防水層厚み
平均2.5mm
2 QVシート 1.06m
3 QVテープ/
サラセーヌ立上り用
1.06m
MBテープ100
4 サラセーヌK 1.7
5 サラセーヌK 1.6
6 サラセーヌT または
サラセーヌTフッ素
0.2
0.15
SD-立上り20T
SD-立上り20Tフッ素
1 サラセーヌP 0.2 共通立上り仕様
防水層厚み
平均2mm
2 サラセーヌ立上り用 0.8
補強用クロス
3 サラセーヌ立上り用 1.1
4 サラセーヌ立上り用 0.7
5 サラセーヌT または
サラセーヌTフッ素
0.2
0.15
  • 「歩行用」とは不特定多数の歩行に供する場合を言います。
  1. 事前に「通気緩衝QV工法 施工上の注意」を必ずお読みください。
  • QVシートの粘着性を阻害する恐れがあるため、凹凸のある下地は、予め平滑に仕上げてください。
  • QVシートの端末処理は、MBテープ100をご使用ください。
  • プライマー(接着材)の選定
    • 下地やシート裏面が濡れていないことを確認してください。
    • 「PJプライマー」、「サラセーヌP」は一般モルタル・コンクリート下地用です。
      下地の種類に応じてプライマーを追加したり、選定し直す必要があります。詳細は総合カタログをご参照ください。
    • 下地によりプライマーの種類および塗布量は異なります。プライマーは下地調整した場合の使用量です。
  • 防水材の選定
    • 規定厚みの処置が取れれば、「サラセーヌEZ」、「サラセーヌK」は1液湿気硬化型ウレタン防水材「サラセーヌSB」に、「サラセーヌEZ立上り用」は「サラセーヌSB立上り用」、「サラセーヌSB中粘度」に、「サラセーヌ立上り用」は「サラセーヌSB立上り用」、「サラセーヌSB中粘度」、「サラセーヌGV」に変更可能です。使用量はお問い合わせください。
  • 保護仕上材の選定
    • 各種保護仕上材には、臭気が少ない水性保護仕上材や遮熱性能を付与したタイプも用意しています。詳細は総合カタログをご参照ください。
    • カラーバリエーション、仕上げオプションなど、詳細は総合カタログをご参照ください。
    • 品確法で定める新築住宅の場合、「フッ素樹脂系」または「アクリルシリコーン系」の保護仕上材をご採用ください。適用は総合カタログをご参照ください。
    • 仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。

工法の詳細については、サラセーヌQVのカタログをご参照ください。

  • 製品情報(防水材・保護仕上げ材・プライマーほか)
  • 製品取り扱い上のご注意
  • 施工上のご注意

については、総合カタログをご参照ください。

本サイトはサラセーヌ®の概要を分かりやすくご紹介する内容となっております。
サイトに掲載のない詳細な解説や技術情報については、製品カタログをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。