卓越した耐久性「ミルクリート」堅牢無比の塗り床仕上げ材
お問い合わせ・資料請求はこちら
  1. ホーム
  2. クローズアップ
  3. 緊急・災害対策用再帰性反射フィルム:屋上防水・ヘリサインシステム サラセーヌ ウィルサイン

ヘリサインは、飛行中のヘリコプターが現在地と目的地を判別するうえで目印となるものです。災害時や緊急時に活躍するドクターヘリやレスキューヘリ、救援物資などを搬送するヘリコプターにとって、ヘリサインは迅速な救護活動の助けとなります。現在、公共施設である学校、役所、関連施設をはじめ、病院、高層ビルなどの屋上に、施設名称を表示するヘリサインの設置が進められています。

構造とメカニズム

再帰性反射フィルム「ウィルサインフィルム」

ウィルサインフィルムは、最先端のガラスビーズ・テクノロジーを駆使した再帰性反射フィルムです。夜間の視認性・耐久性・作業性に優れています。

透明性・耐久性に優れた樹脂中に高屈折率微小ガラスビーズを封入した反射シートです。表面に光を当てると、ガラスビーズがレンズの役割をして、光源方向と平行に光を反射します。

主な特長

広角反射性能

広範囲の角度から光源方向に光を返すので、夜間の視認性が格段に向上します。
(JIS Z 9117に規定するタイプ1-A-a の反射強度および性能を有しています)

一般的なフィルムは、光源に対して正面、すなわちヘリコプターがヘリサインの真上近くにいる時にライトの光が入射する5°~30°の領域において、輝度係数が高くなるように作られています。しかし、ヘリコプターが遠方から近づいてくる際にライトの光が入射する20°〜70°の領域においては、反射性能が低下しがちになり、ヘリサインとしての役割を十分に果たしていませんでした。

ウィルサインフィルムは、ヘリサインとしての使用目的をしっかりと考慮したうえで、20°~70°の広角領域においても反射性能が高くなるように設定しています。(従来品の反射性能:5°~30°、ウィルサインの反射性能:5°~70°)

ウィルサインフィルム反射性能(色:イエロー)

観測角 入射角(°) 再帰反射輝度係数(RA)(代表値)(cd/1x/m2
0.2°
(12’)
+5 67
+20 56
+30 44
+50 19
+70 4
0.33°
(20’)
+5 55
+20 47
+30 37
+50 17
+70 4
  1. 上記の値は室内試験による特性値であり、保証値ではありません。現場環境により変化する場合があります。

夜間の視認性

ライト照射なし

ライト照射あり

昼間の視認性

耐久性

促進耐候性試験(キセノンランプ法)において、著しい変褪色や劣化などは見られませんでした。

試験期間 退色 剥がれ・縮み
3000時間 異常なし 異常なし
4000時間 異常なし 異常なし
  1. 試験条件はJIS K 5600-7-7に準拠

施工手順

施工事例

本サイトはサラセーヌ®の概要を分かりやすくご紹介する内容となっております。
サイトに掲載のない詳細な解説や技術情報については、製品カタログをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。